大阪→ロンドン→東京→ 2010年からシンガポールへ。 レインボー=虹=2児のマンマとして日々奮闘中


by happymakiinlondon

カテゴリ:シンガポール グルメ( 12 )

初日の夜は、シンガポールリバー沿いの観光名所「クラーク・キー」のJumbo Seafoodへ。
偏食の息子たち、シーフードを食べてくれなかったら、と、事前にドリアを作って食べさせたら、、、
何と、長男が席に着く前に寝てしまった。

f0102311_15433914.jpgf0102311_15441929.jpg

しめしめ、ベビーカーでおとなしく寝てくれている間にゆっくりとシンガポール名物のチリクラブや新鮮なシーフードを満喫しました。

 「「Jumbo Seafood -Riverside Point店-」
  ジャンル: 中華(海鮮系) 
  雰囲気:  川沿いなので天気の良い日はテラス席が◎
  予 算:  1人40シンガポールドル位~(3,000円程度)
  総合評価: ★★★+(超人気店なので忙し過ぎて店員の対応が・・・)

2日目、昼は、「シャングリラホテル」内のなだ万でランチ。

おそば、茶碗蒸しなどを食べさせると、午前中にプールで暴れさせたのが功を奏し、2人ともウトウト。
よって、鉄板焼きランチを熱いまま、静かに食することが出来たのでした。

「なだ万」
  ジャンル: 和食 
  雰囲気:  非常にオーソドックスな感じです。。。
  予 算:  1人50シンガポールドル位~(3,500円程度)*ランチ
  総合評価: ★★★

夜は、生まれ変わったかつての修道院「チャイムス(Chijmes)」にあるLEI GARDEN 利苑へ。
水槽で泳ぐ魚や海老、カニに興奮する子どもたちに配慮し、水槽の目の前の席へ案内してくました。
偏食の子供達が意外にもカニの卵入りショウロンポウを1人ひとつずつパクリと食べ
絶対食べないだろうなと思った北京ダックもムシャムシャ!!!
そしてダック入りのチャーハンをモリモリ食べてくれました。

*ちなみにショウロンポウは、1個7ドル(450円ほど!) 安いランチ2回食べられるやんっ!
でも、その分、美味でございました。。。( 写真撮り忘れました…汗 )

 「Lei Garden(利苑)-Chijmes店-」
  ジャンル: 中華(広東系だそうです) 
  雰囲気:  店内はモダン、そして窓の外は修道院の中庭。良いです。
  予 算:  1人50シンガポールドル位~(3,500円程度)
  総合評価: ★★★+

そして最終日、シンガポール植物園内のレストラン Halia でランチ。
ここは雰囲気もよく、そしてチリクラブスパゲッティも美味しくて、
人にはあまり教えたくない隠れ家的お店、見つけた!って感じ。

f0102311_15494063.jpgf0102311_15504381.jpg


 「Halia-Botanic Garden店」
  ジャンル: モダンヨーロピアン(フュージョン) 
  雰囲気:  深緑に囲まれマイナスイオンに癒される 
  予 算:  1人30シンガポールドル位~(2,000円程度)*ランチ
  総合評価: ★★★★+

息子たちを連れての外食は周囲に気を遣うばかりで楽しめず、ご無沙汰だったけれど、
この機会に行ってみたかった所に行けて良かった!!
どこも美味しかったし、雰囲気もよかったし、何より、義両親に喜んでもらえて良かったです!
[PR]
by happymakiinlondon | 2010-09-25 20:58 | シンガポール グルメ | Trackback | Comments(4)

チキンライス対決!

シンガポール名物と言えば、 チキンライス!

ケチャップ味のものではなく、チキンをじっくり茹でた汁でライスを炊くシンプルなお料理。

チキンライスで名を馳せているお店が

文東記  と  CHATTER BOX

Chatterboxがオーチャード通りの有名ホテル内にあるのに対し、
文東記はセンターから少し離れた大通りに面した地元のお店。

お店の雰囲気は、 Chatterbox 明るいグリーンを基調とした広々とした店内
             文東記     こじんまりとしていてアットホームな店内

子ども対応 はどちらもチャイルドシート、小皿等用意してくれる
文東記は少し愚図り始めた1歳半の次男を店員さんが話しかけたりしてあやしてくれた

チキンライスについているソースは、
Chatterbox は3種類 赤:チリソース、黒:ダックソイヤー(甘めのソース)、ジンジャー、
文東記 は 赤と黒の2種類

値段は Chatterbox S$22(約1,500円 スープ付き)
文東記 およそS$ 6(約400円 チキンS$ 5 とライスS$0.60 を個別に注文するのでライスだけおかわり可!)

味は、どちらもあっさりでいて鶏の旨みがライスにしみこんでいて美味しい。

でも鶏肉は・・・ 断然  文東記!やわらかくて、プリプリで、ジューシーで、、、とろけます。

値段、味ともに、 文東記に軍配です!!!

 
f0102311_0522311.jpg

見た目もライスがピラミッド型でおしゃれですよね!

f0102311_0533031.jpg
  
(子どもに気を取られ、写真撮り忘れたため・・・なっちゃん撮影、お借りしました ) 
こちらももちろんしっとりした鶏肉でソースも3種類あって楽しめます。

機会があれば、食べ比べあれ~ 
(日程的にどちらかひとつ、というのであればぜひ文東記へ!)

f0102311_1135245.jpg

食後はお約束の ラッフルズホテル ロングバーで シンガポールスリング 
お味はちょっと甘すぎ、かな  一杯 S$25(約1700円)  もろ観光客向けです・・・ 
[PR]
by happymakiinlondon | 2010-03-25 12:00 | シンガポール グルメ | Trackback | Comments(4)