大阪→ロンドン→東京→ 2010年からシンガポールへ。 レインボー=虹=2児のマンマとして日々奮闘中


by happymakiinlondon

<   2010年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

初めてのかけっこ♪ 

金曜日、特別な用もなくショッピングセンターへ。
すると、何やらイベントが。
Live well baby championships2010 と題し、月齢ごとに細かく分かれて、
かけっこをするというもの。
面白そうなので早速エントリーしてみた。
残念ながら長男は大きすぎるので、20ヶ月の次男のみ。

ところが、寝起きだった次男は、レース直前私に抱きついて離れようとせず、
あわや断念、と思われたけれど、、、 そこは私。
無理やりスタート位置に置き去り(泣いて寝そべっていたけれど)
ゴールまで移動!

すると、泣きながら立ち上がって、スゴイ勢いで走ってくる!!!
途中、障害物に気を取られて遊んでいるお友達をよそ目に…
彼にはママしか眼中に入っていないのである!

3人中2位、中途半端な結果だったな、、と思っていると
スタッフから「日曜日のFinalに、残ったので来てね!」とのこと!

f0102311_2313436.jpg


日曜日、親子4人で行ってきました。
そして今回は、パパがスタート地点、私がゴールでビデオを撮りながら待つことに。

決勝戦は、お手玉みたいなものを持って、最後までゴールすることが条件だった。
パパが「これをママに“どーぞ”ってしてね」
と何度も言い聞かせたのが、功を奏し、スタートの合図と共に
ゴールにいるママの顔だけ見ながら、片手に持ったお手玉を差し出しながら、
チョコチョコ走ってくる!
かわいい!そして早いぞっ!!

5人中1位!
ただ、今回はタイム制、他にもレースが行われるとのことで、
ドキドキしながら結果を待つ。

その間、何もわかっていない兄弟は、音楽に合わせて踊ったり、
他のカテゴリーの表彰式を見ながら一緒に拍手してたり…。

そして、カテゴリーE

結果は・・・・・

チャンピオーーン!!!


表彰台で、金メダルを首にかけてもらい満足げな次男
そして、優勝商品は、おもちゃ、ミルク、などに加え、
$100 (およそ7,000円弱) の商品券!!

人生初の競争で、金メダル獲得!
おめでとう!!
そして、100ドル稼いだ!でかしたぞ

母さん、すでに帰りのスーパーマーケットで50ドル使っちゃいました…(笑)

f0102311_23142150.jpg

戦利品で遊ぶ兄弟
[PR]
by happymakiinlondon | 2010-04-19 23:22 | シンガポール生活 | Trackback | Comments(2)
春ですね!(実感ないけど)

新しい環境に足を踏み入れる方も多いのでは?!
長男のお友達は、晴れて幼稚園入園!おめでとう♪
一人前に小さい制服に身を包んだわが子を見たら
「おぉ、よくぞここまで育ったなぁ!」と涙ぐんでしまうに違いない

ところが、うちの子は・・・まだ幼稚園も決まってない(涙)

長男はというと、「早く幼稚園行きた~い」と言い出した!
しめしめ、あれほど行きたくないって言っていたのに…お預け効果かな?!
早く、空きが出ますように・・・

さてさて、そんな我が家の “フレッシュ” は・・・

南国フルーツ盛りだくさんジュース!

東京にいた頃から、野菜嫌いの長男に野菜&ビタミンCを採らせるために
“にんじん+りんご”などをジューサーで作って飲ませていたのだけれど、
こっちは、南国フルーツが安いっ!

タイ産マンゴー 1個 2ドル (140円弱!!)
グァバ     1個 1.5ドル (約100円)

などなど、、、安い上に甘いっっ!!

というわけで、フレッシュジュースにハマッテマス♪

普段、ジュースを飲まない次男も、フレッシュだと飲んでくれたり。

ビタミンCたっぷりのジュース、さぁて今日はどれとどれを組み合わせようかな~♪

f0102311_15381484.jpg


週末の朝食:マンゴ&グアバのフレッシュジュース と カヤトースト&フレンチトースト 

* カヤトーストは、シンガポールの代表的な朝食
   ココナッツに卵黄と砂糖を混ぜ、パンダンリーフの色、香り付けしたカヤジャムを
   挟んだトーストのこと 
[PR]
by happymakiinlondon | 2010-04-10 10:56 | シンガポール生活 | Trackback | Comments(4)

シンガポール動物園!

こちらは、金曜日からイースターで3連休でした。
日本に比べて、ずいぶん祝日が少ないので貴重な連休。

というわけで、ずっと連れて行ってあげたかった Singapore Zoo へ!

f0102311_23363614.jpg


ここは、知り合いから「すごくいいよ!」
「あの北海道の旭山動物園はここをモデルにしたらしいよ」と聞かされていたので、
子どもたちだけでなく私たち親も興味津々!

家からタクシーで20分ほど。少し距離はあるのだけれど
お値段は1,000円ほどなのがうれしい!

まず、入ってすぐの看板のところでお猿さんたちが出迎えてくれる!

そう、ここの特徴は、檻がない!
ライオンでさえ、ない!
ホワイトタイガーもすぐそこに見える。

f0102311_23373476.jpg

ジャンプ力は10mと書いてあったから、やる気だしたら飛べるんじゃないか?!
とも思った。
でも柵のかわりに、川があったり、溝が深かったりして
こちらに来られないような工夫がされてあったり、
サルたちの家は、木で作られてあり、ふと上を見上げると
私たち歩道の上の木をぶら下がって移動していたり…。

f0102311_23375849.jpg

f0102311_23383112.jpg


動物が自然に生息してるようで、見ていて楽しい!
とにかく、ジャングルみたい!!
子どもだけでなく大人も大満足!

f0102311_2340772.jpg


ただ、「象に乗りたい!」という長男の願いを叶えるべく、
Elephant ride のブースの前で、並んで買ったチケットを手に列を作って待っていたら、
突然の雨…。
スタッフから何のアナウンスもなく、しばらく待っていたら結局キャンセルらしいとのこと…。
これは、一言、「雨なのでこの時間のイベントはキャンセルです!」と知らせてくれるべきだと思う…。
ちょっと不親切よね。

といいつつ、年間パス購入したので、次回リベンジだぁ!!

f0102311_2340407.jpg

[PR]
by happymakiinlondon | 2010-04-06 23:50 | シンガポール生活 | Trackback | Comments(3)
今、こどもたち2人がハマっているのが、BEN10 という番組。

f0102311_9563360.jpg


Cartoon Network で高視聴率を記録した大ヒットアニメらしく、
こっちではシンガポールだけでなく、タイ、マレーシアなどでも毎日放送されている。
内容は、主人公のBENという10歳の男の子が、エイリアン・ヒーローに変身できる腕時計“オムニトリックス”を見つけたことから始まる、SF要素満載のアクションアニメ。
10種類のエイリアンに変身でき、悪者のエイリアンをやっつける、というもの。

英語だけれど、アニメだから大体ストーリーはわかるようで、特に長男は釘付け!!
次男も「ベン!ベン!!!」と見つけるたびに叫んで私に教えてくれます。

私はじっくり見たことがなく、ちら見してると、エイリアン同士が戦っているので、
どっちが悪者でどっちがベンかわからず、長男に聞いてみたりする。
すると長男は、「そんなこともわからないの?!」といった調子で答える。
かなりの通になっている!!

実際、BenのTシャツ、帽子、リュックなどを身に付けている子ども達をよく見かける。
かなりの人気みたい!

で、そのたびに
「あれ、買って!」
「もう少し大きくなったら買ってねぇ!!」
とせがまれていた。

で、、、、彼は見つけたのです!!
変身する時計を!!
いつも行くショッピングセンターのガチャガチャコーナーで!!!

値段は3ドル(200円ほど)

喉から手が出るほど欲しかったに違いないけれど、
あくまで私は買えない!と主張し、
「いい子にしてたら、パパが買ってくれるよ!」
と言い聞かせ、お友達にもらった時計をベンの時計に見立てて、毎日つけていたのです。

そして、ついに、、、、、

今日、パパに買ってもらったのです。

生意気なこと、大人びたことを言ってても、やっぱり3歳児!

それはそれは大喜び!!f0102311_9595324.jpg

「やったぁぁぁぁ!!!」
「もうこれでベンじゃなぁい!!」
「変身できるんじゃないかなぁぁ!!!」

腕につけてる自分を鏡で確認したときの、うれしそうな顔!!

家に帰っても、
「あーー、これ買ってもらってうれしいなぁ!」
「これかっこいいでしょ!」と弟に見せびらかし、
テンション高すぎ!

さらには、
「今日はお風呂入りたくない!」
「何で?」
「だって、ベンの時計、濡れたら困るから。」
「外せばいいじゃない!」
「いや!外したくない!」

「これつけたまま寝ていいかな?!」
「でも、寝相悪いから怪我しちゃうかもよ?!」
「大丈夫、今日から寝相わるくないから!!」

というわけで、ただいま腕にしっかりと時計“オムニトリックス”をつけたまま、お寝んね中

今頃、夢の中でBENになってるかな (^。^)
[PR]
by happymakiinlondon | 2010-04-04 23:53 | シンガポール生活 | Trackback | Comments(0)