大阪→ロンドン→東京→ 2010年からシンガポールへ。 レインボー=虹=2児のマンマとして日々奮闘中


by happymakiinlondon

<   2014年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

BFF

シンガポール5年目、ともなると、仲良くなったお友達をお見送りする機会も数知れず・・・。
その度に切なく、寂しい気持ちになります。。。

この3月は、特に切なかった。。。
7歳の兄、5歳の弟、それぞれのベストフレンドが日本へ帰国したのです。
書き出すときりがないくらい、笑顔いっぱいの思い出ばかり。

その長男のお友達H君と、最後にデンプシーで遊んだ帰りのこと。
サガの実を見つけました。サガの実とは、サガの木からできる赤い宝石のような実で、
Love seedとも言われており、100粒、1000粒集めると、願い事が叶うといわれているのです。
それを一生懸命集める子どもたち。
すると、H君が見つけた10粒ほども、うちの長男が握りしめているではないですか。
私は、うちの子がきれいだから欲しがってもらったのか、と、
「H君が拾ったのは、H君が日本にもって帰ったら?」と言いました。
すると、
「違うよ~、Hが僕にくれたんだよ。で、ぼくがこれからいっぱい見つけて1000個集めて、Hがシンガポールに来れますように!ってお願いするんだよ~」

ジーーーーン。

Best Friends Forever!

H君とは幼稚園から同じで、サッカーやドッジボールを毎日一緒にしていた仲良し。
シャイで人見知りな長男が楽しく新1年生生活を楽しめたのもH君のおかげ、といってもいいくらい。

うんうん、いっぱい見つけて集めようね!!そしてまた再会できる日まで、お互い成長していこうね!!

f0102311_10482527.jpg
Good friends are like stars...
You don't always see them,
but you know they are always there
[PR]
by happymakiinlondon | 2014-03-29 10:52 | シンガポール 子育て | Trackback | Comments(0)

日帰りマレーシア!!

「マレーシアのジョホールバルへサクッとお買い物に行けるのよ、
物価も安くて、お買い物楽しいし、行かな~い?」
とお友達に誘われて、行ってきましたーー。

ニュートンサーカスから国境を超えるCauseway Link バスが出ている(不定期)
朝、子どもたちをお見送りした後、バス停へ。
すでにそこは異国の雰囲気。マレー系の人がたくさん座ってバスを待ってる。。
で、待つこと10分?15分?
2ドルを払って、楽しい話に花が咲き、笑っている間に到着。
渋滞にもよるみたいだけれど、30分前後で国境へ!

パスポートをスキャンして、指紋を照合するだけでOK!
これ、小さい子ども連れてるとできないのよねーー。楽チン楽チン!!

シンガポールと違って治安が悪いから気を付けて、と忠告されていたけれど、
私たちが行ったのは、出入国検問所と橋で繋がっているショッピングモール。
シンガポールのそれと変わらない雰囲気、だけど安い!

久々にお買い物気分が上がり!私は、サンダルと、サングラスを買いました。
サングラスはここ10年ほどかけてもいなかったのだけれど、
「紫外線は、目から入る!」とのアドバイスを元に、購入することに(^^♪

そして、Lavenderというしゃれたパン屋さんでパンとマカロンを買い、
ミニマートで安いお菓子やヤクルト(シンガポールの半額!)などを買い込み、
大満足でシンガポールへ帰る税関へ。

すると事件はそこで発生・・・

私たち3人だけ止められるではないですか!
え、何も悪いことしてないし、たいして買い物もしてませんけど、、、
3回目のお友達も初めてのことで不安なまま別室へ。
レシートを見せろ。税金7%を支払え!と言われ、反論しても無理で
結局、買った総額の7%、3.8ドル(300円ほど)を払わされましたとさ。

(税関員いわく、DPを持っているシンガポール駐在者は、シンガポール同様7%のTAXを支払わなければいけない(食料品は除く)とのことでした、、、
これから行かれるみなさま、税関ではお気を付けて!荷物は極力コンパクトにしましょうね!)

おまけf0102311_1123070.jpgf0102311_11222854.jpg
コアラのマーチが、きんくま! ポッキーがチョッキー?!

往復1時間弱、費用たったの150円弱(行き2S$、帰りが2.6リンギット)で、お隣の国へ行けるなんて、
島国育ちには感動もの。
今度は町に繰り出したいな~。

f0102311_11303562.jpg
私のサングラス、次男が気に入ったようで。。。
[PR]
by happymakiinlondon | 2014-03-05 11:42 | アジアの旅 | Trackback | Comments(2)