大阪→ロンドン→東京→ 2010年からシンガポールへ。 レインボー=虹=2児のマンマとして日々奮闘中


by happymakiinlondon

<   2014年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

夢のモルディブ!!

f0102311_1525532.jpg
シンガポールからモルディブへは直行で4時間半
日本から行くより断然近い、便利、お得!なので
シンガポールにいる間に、一度は行くべき!
と言われる楽園!

スリランカ南西のインド洋に浮かぶ26の環礁と1,200もの島があり、
ホテルも島の数ほどあるので悩むのがホテル探し。

1.水上コテージ
2.マーレ空港から近く、ボートで移動できるところ
3.ハウスリーフがあるところ

我が家は以上の3つに重点を置き、よーく(夫が)吟味した結果
Cocoa Island
Jumeirah Vittaveli
の2つまで絞り込みました。 
悩んだ結果、比較的新しいドバイ系のジュメイラヴィタヴェッリに決定!

ハイシーズンは、年末から旧正月あたり、と言われていますが、
夫の休みが確実に取れるお盆休み(2013年8月)に行くことに。
雨期ではありますが、1日中降ることはない、というので
晴れ女に賭けてみました。
結果、大成功!!
6日間のうち、夜ご飯を食べている時に一度ザーッと降った以外は晴天でした。

まず、空港からホテル専用のスピードボートに乗り込みおよそ20分。
そろそろ到着?という頃、楽し気な音楽が聞こえてきました。
船着場でスタッフが音楽を奏でてお出迎えしてくれたのです。もういきなりテンション上がる私たち。f0102311_1812694.jpg

そんな私たちを、
まだチェックインには
早い時間にもかかわらず
空いているBeach Villa
へ案内してくれました。こういう配慮も嬉しい限り
f0102311_18325272.jpgf0102311_1833723.jpg

f0102311_18341957.jpg

ビーチヴィラからのベランダを開けると
どーーんと広がる青い海、青い空、そして真っ白な砂浜!!!
すぐさま走り出す子どもたち
どこまでも透き通ったエメラルド、スカイブルー、青、あお、アオ!!
何色にも輝く海に子どもたちならず大人も大興奮!

水上コテージだと危ないし、という小さなお子さん連れはもちろんですが、
こちらも素敵だな~とまたまた気分盛り上がる盛り上がる。

しばらくすると、お部屋の用意が整いました、といよいよ水上コテージへ!

広い!そして、メインベッドルームからベランダへ出ると、
水平線に続くプライベートプール!!いや〜最高!!!

f0102311_1536015.jpgf0102311_15363050.jpg
ステイ中は、シュノーケル三昧
お部屋から海へと続く階段を降りて泳ぐもよし、
ホテルからのボートに乗って遠出するもよし。f0102311_15393656.jpg
f0102311_15423334.jpg

亀とも一緒に泳げました!!

夕方になると、ホテルの岸壁に、大きなエイや魚たちが群がってきました。
これは、毎日同じ時間に餌付けしているので、スタッフが投げるイカなどを求めてやってくるのです。迫力満点で楽しかったです。

f0102311_15505052.jpgf0102311_1551246.jpg

お食事は、基本ブッフェとシーフード系。
我が家は、ゆっくりめの朝食をとり、
小腹が空いたら、持って行ったカップラーメンや焼きそばを軽く部屋で食べ、
早目のディナーを頂いて、早く寝る
という感じでした。
部屋で海を見ながら、子どもたちが裸でプールで泳ぐのを見ながら食べる
一平ちゃん焼きそば、サイコーーでした(^o~)

f0102311_15551463.jpg

朝焼け  2013年8月
こんな毎日がずーーっと続けばいいのに…と夢のようなひとときでした!!
[PR]
by happymakiinlondon | 2014-09-29 22:07 | アジアの旅 | Trackback | Comments(3)

気持ち新たに…

もうちと、まめにUPしようと思いつつ、、、
お誕生日に食あたりして以来、体調崩しがちでした・・・

って、夏休みもずっと放置し、ほんとに筆不精な私…
そんなブログをちょこちょこ覗いてくださるみなさま、ありがとうございます。

最近買った ワッフルメーカー

これが、楽しい、おいしい!
f0102311_1782311.jpgf0102311_1784813.jpg









ホットサンドも作れるので、ワンパターンな
朝食のバリエーションが増えそうです。

[PR]
by happymakiinlondon | 2014-09-27 17:13 | シンガポール生活 | Trackback | Comments(0)